Tour de Suisse 2014 - CLASSEMENT GENERAL Stage 9 (22/06/14)
1FARIA DA COSTA Rui AlbertoPORLAM33h 08' 35"
2FRANK MathiasSUIIAM+00' 33"
3MOLLEMA BaukeNEDBEL+00' 50"

2014年03月16日

パリ−ニース第7ステージ、 スラフテルがステージ2勝目、ベタンクールがマイヨジョーヌを守る

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第7ステージは、ムジャンからビオ・ソフィア・アンティポリスまでの195.5km。
いよいよ南仏に到達したパリ−ニース。今日のコースは内陸側の山岳に上って下ってくるコースだ。
途中1級山岳2つを筆頭に5つの山岳ポイントがあるが、終盤は再び海岸側に降りて比較的平坦なコースになる。
山岳ポイントをうまく取れば、現在山岳賞トップのシャバネル(IAMレーシング)を越えることが出来るので、狙ってくる選手が出るだろう。
そして、ビオ・ソフィア・アンティポリスのゴールの直前は、約2kmの間に100mを上る登りだ。
登れるスプリンターや、ひょっとしたら総合争いを狙う選手のアタックもあるかもしれない。
果たして誰がステージ優勝を飾るのか。そして、昨日まで2連勝でマイヨジョーヌを取ったベタンクール(AG2R)はジャージを守れるだろうか。

続きを読む
posted by ばりさく at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

パリ−ニース第5ステージ、 ベタンクールが下りの逃げを決めてステージ優勝!

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第5ステージは、クレッシュ・シュル=ソーヌからリヴ・ド・ジエまでの153km。
昨日同様3級山岳ポイント3つに2級山岳ポイント1つ、そして下ってゴールのステージ。とはいえ、昨日よりは最後の山岳ポイントからゴールまでの距離は長い。
ここまでの上位のタイム差も比較的近いので最後の状況によってはトーマス(スカイ)からリーダージャージを奪うことも可能だ。あるいはデゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)のように登れるスプリンターの逆襲もあるかもしれない。
果たして誰がステージ優勝を獲得するか。そしてトーマスはマイヨジョーヌを守れるだろうか。

続きを読む
posted by ばりさく at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

パリ−ニース第4ステージ、 スラフテルが勝利、総合はトーマスに!

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第4ステージは、ヌヴェールからベルヴィルまでの201.5km。
昨日までの平坦ステージと違って、今日は終盤に山岳ポイントが続く。3級山岳が3つ続いた後に、最大斜度25度の2級山岳モン・ブローリー峠がそびえる。
さすがにマイヨジョーヌのデゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)らスプリンターは厳しそうだ。おそらくこの峠で総合を狙う選手や山岳の得意な選手たちが動き、マイヨジョーヌが動きそうだ。
果たして今日のステージでマイヨジョーヌをゲットするのは誰なのだろうか。

続きを読む
posted by ばりさく at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

パリ−ニース第2ステージ 22歳のホフランド、デゲンコルブを下してステージ優勝!

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第2ステージは、ランブイエからサン・ジョルジュ・シュル・ボルシュまでの205km。
早春のフランスをやや東向きに進んでいく今日のステージ、後半若干アップダウンはあるものの、全体的には平坦といえよう。
アップダウンをうまく使えば逃げが成功する可能性もあるが、おそらくゴールは集団スプリントになりそう。
昨日のステージでマイヨジョーヌを獲得したブアニ(FDJ)がジャージを守れるのか、他のスプリンターがブアニを破るのか、あるいは、逃げがきまってしまうのか。
楽しみなステージだ。

続きを読む
posted by ばりさく at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

パリ−ニース第1ステージ ブアニ、スプリントを制してマイヨジョーヌを獲得

パリ−ニース公式ページ

今年もパリ−ニースの時期になってきましたねえ。
今年はタイムトライアルがなく、コースも山岳の難易度が低いということですが、果たしてどんなレースになるのでしょうか。
そのパリ−ニース、幕開けの第1ステージは、マント・ラ・ジョリーの周辺を周回する162.5km。
途中、2つの3級山岳はあるものの、ほぼ平坦のコースということで、集団スプリントゴールになりそう。
果たして今年のパリ−ニース、最初にマイヨジョーヌを着るのは誰になるのでしょうか。

続きを読む
posted by ばりさく at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。