Tour de Suisse 2014 - CLASSEMENT GENERAL Stage 9 (22/06/14)
1FARIA DA COSTA Rui AlbertoPORLAM33h 08' 35"
2FRANK MathiasSUIIAM+00' 33"
3MOLLEMA BaukeNEDBEL+00' 50"

2014年04月14日

パリールーベ、終盤テルプストラが逃げて勝利!


パリ−ルーベ公式ページ

今年のパリ−ルーベはパリ郊外のコンピエーニュからルーベまでの257km。
例年通り、28個の石畳が選手を苦しめる。最難関の五つ星の石畳はアランベール、モンサン・ぺヴェル、カルフール・ド・ラルブルの3箇所。厳しい石畳で次々と選手が絞られ、最後は力のある選手が勝負を競うことになるだろう。
今年の有力選手はやはり昨年の覇者、そして今年のフランドルを制したカンチェラーラ(トレック・ファクトリー)。昨年のパリ−ルーベ2位のファンマルク(ベルキン)、今年のフランドル2位のヴァン・アーヴェルマート(BMCレーシング)にも期待がかかる。さらにパリ−ルーベ4勝のボーネン(オメガファルマ・クイックステップ)、若いサガン(キャノンデール)も勝負に絡んでくるに違いない。
果たして、今年の「北の地獄」を制するのは誰だろうか。

今日のレースはほんとにいろんな展開のあったレースでした。
ボーネン、サガン、そしてカンチェラーラとファンマルクのアタック。優勝候補たちがそれぞれに考えた場所で攻撃を仕掛け、そして厳しいパヴェが終わり勝負も残り10kmになったところで、結局彼ら優勝候補の選手たちを含む11人の集団に。

ただ、この時点でチームとして有利だったのは、テルプストラ、スティバール、そしてボーネンのいるオメガファルマ・クイックステップ。そして、その3人の中から残り6kmでアタックを仕掛けたのは、テルプストラ。
かつてオランダチャンピオンにもなったこのベルギーチームのオランダ人、独走力もたいへんある選手。
そして、メイン集団はこの選手のアタックに対して、あまりに有力な選手が集まりすぎたのか、牽制が入ってそのまま逃がしてしまいました。

こうなるともうテルプストラの独壇場。そのまま集団との差を20秒に広げたままルーベの競技場に。
もう後ろから追い上げてくる選手はいない。最後、競技場を一週半した後、最後はゆっくりと喜びをかみしめるように両手をあげてゴール。ゴール後、奥さんと抱き合っているのが印象的でした。
今年はツアー・オブ・カタールで第1ステージのステージ優勝と総合優勝、そしてドワルス・ドール・フラーンデレンでの勝利はあるけど、やはり歴史あるレースでの優勝。しかも去年はチームが優勝争い出来る位置に2人もいながらいずれもトラブルで遅れて、後ろから追い上げた自身が3位。やはり表彰台の真ん中に立ちたかったでしょう。
2位は20秒遅れの残り10人の集団スプリントを制したデゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)、昨年優勝のカン
チェラーラは3位に終わりました。ファンマルク、サガン、ボーネンもこの集団でゴール。

各エースが最後なにも出来なかったのはちょっと残念だったけど、アシストとして頑張っていたテルプストラの勝利はすばらしいですねえ〜。

posted by ばりさく at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。