Tour de Suisse 2014 - CLASSEMENT GENERAL Stage 9 (22/06/14)
1FARIA DA COSTA Rui AlbertoPORLAM33h 08' 35"
2FRANK MathiasSUIIAM+00' 33"
3MOLLEMA BaukeNEDBEL+00' 50"

2014年03月17日

パリ−ニース第8ステージ、 ヴィショ、ニースゴールを制す。ベタンクール総合優勝!

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第8ステージは、ニースをスタート/ゴールとする128kmの周回コース。
ここ何年かの最終ステージはエズ峠への山岳タイムトライアルだったパリ−ニースだが、今年は久々に回りの山を巡ってゴールとなる。
途中1級山岳もある、それなりに厳しいコースだが、なんと言っても今年は最後の峠となるエズ峠から15km下ってゴールとなる。大逃げが決まっていなければ下りの得意な選手が勝利を目指して下りでのアタックを敢行するかもしれない。
ここまでマイヨジョーヌを着ているベタンクール(AG2R)だが、今日のステージを乗り切って総合優勝を果たすことができるだろうか。

今日のステージは序盤に17人もの逃げもあったものの、途中ですべて吸収、その後のアタックもすべて吸収されて、いよいよ勝負はエズ峠での勝負となった。
その登りでニバリ(アスタナ)、そして総合3位のスティバル(オメガファルマ・クイックステップ)が遅れた。そして、頂上近くでF.シュレック(トレック)と総合の表彰台を狙うスピラック(カチューシャ)がアタック、集団から前に飛び出し下りに入る。
この2人をAG2R、そしてモビスターのアシストが追走する展開となった。

一時は20秒ほど差が開いてひょっとしたら、という可能性もあったが、
シュレック、単独で逃げるが、後ろからヴィショ、デマルキ(キャノンデール)、ロハス(モビスター)が追い上げる。ゴティエ(ユーロップ・カー)もあがってきた。
後ろでコスタ(モビスター)らが落車で倒れる中、最後、ロハスの前に出たのはヴィショ。そのままゴールラインを通過、右手でガッツポーズ、そしてその手を何度もぐるぐる回して喜びを表す。2位ロハス、3位はゴティエ。

総合優勝は、今日のステージをアシストの活躍で乗り切ったベタンクール。去年くらいから本格的に出てきた若いコロンビア人がついに大きな勝利を獲得した。これをきっかけにますます強くなっていきそうな雰囲気だ。
総合2位は14秒差でコスタ。随所に強さは見せたものの、ついに勝利には手が届かず、最後は落車で終わってしまった。これも「マイヨジョーヌの呪い」なんだろうか。
そして総合3位は20秒差で、そして遅れたスティバルやゴールスプリントでロハスからもボーナスタイムで表彰台をもぎとったフランスチャンピオンのヴィショ。
ベタンクールは総合新人賞も勝ち取った。そして総合ポイント賞のデゲンコルブ(ジャイアント・シマノ)、総合山岳賞のリヒハルト(ロット・ベリソル)はそれぞれジャージを守りきった。

posted by ばりさく at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。