Tour de Suisse 2014 - CLASSEMENT GENERAL Stage 9 (22/06/14)
1FARIA DA COSTA Rui AlbertoPORLAM33h 08' 35"
2FRANK MathiasSUIIAM+00' 33"
3MOLLEMA BaukeNEDBEL+00' 50"

2012年03月26日

ヘント〜ウェヴェルヘム、ボーネン、スプリントを制す!

ヘント〜ウェヴェルヘム公式ページ

第74回を迎えたヘント〜ウェヴェルヘムは、ヘント〜ウェヴェルヘムは、ヘントの郊外の街デインセからウェヴェルヘムまでの235km。途中11個の坂があり、中でも2回通過するケンメルベルグは斜度20度の石畳の劇坂だ。
11個の坂の後は30kmほどの平坦コースが続くので、スプリンターの勝利することが多いこのレースだが、果たして今年は誰が優勝するのだろうか。

続きを読む
posted by ばりさく at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

パリ−ニース第8ステージ、ウィギンス、山岳TTを制し、総合優勝!

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第8ステージは、ニースからコル・デェズまでの9.6kmの山岳個人タイムトライアル。
スタートからゴールまでひたすら登りの今日のステージ、特に最初の2kmと中盤5km過ぎの1kmが厳しい勾配で、登りの得意な選手が有利。一方ゴール手前の2km弱は緩斜面となるので、タイムトライアルが得意な選手の方が有利になるだろう。
距離も短いが、1位のウィギンス(スカイ)から2位のウェストラ(ヴァカンソレイユ・DCM)までの差が6秒、3位バルベルデまで18秒。6位のモンフォール(レディオシャック・ニッサン)までもわずか46秒。
なにかあれば一気に総合順位が入れ替わる可能性もある。
果たして今日のステージ、総合優勝を果たすのは誰だろうか。

続きを読む
posted by ばりさく at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

パリ−ニース第7ステージ、デヘント大逃げを決めて勝利、ライプハイマー総合から脱落

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第7ステージは、スィストロンからニースまでの219.5km。
いよいよ今年のパリ−ニースも、いよいよニースに到着する。が、今年は最終ステージは、そのニースからエズ峠への登りのタイムトライアルとなっており、いつものニースゴールではない。とはいえ、ここまでフランス内陸を通ってきた選手たちにとっては、海の見える時はほっとする瞬間だろう。
ただ、ゴール手前には1級山岳のヴァンス峠が控えている。この登り、そしてニースへの下りでなにか起きるかもしれない。果たして今日のステージを制するのは誰か、そして総合リーダーになるのは誰だろうか。

続きを読む
posted by ばりさく at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

パリ−ニース第5ステージ、ウェストラ、登りで引き離してステージ優勝

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第5ステージは、オネ・ル・シャトーからマンドまでの178.5km。
今日のステージはなんと言っても最後、マンドへのクロワ・ヌーブの登り。この登りはかつてフランスの名選手ローラン・ジャラベールがツール・ド・フランスでフランス革命記念日にこのステージで優勝したことから、ローラン・ジャラベールの山(Montée Laurent Jalabert)とも呼ばれる。
今年のツールはこの第5ステージと最後の第8ステージが大きな勝負のステージと言われるのだが、この登りを制するのは誰なのだろうか。

続きを読む
posted by ばりさく at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

パリ−ニース第4ステージ、メールスマンがステージ優勝

パリ−ニース公式ページ

パリ−ニース第4ステージは、ブリーヴ・ラ・ガイヤルドからロデーズまでの178km。
ここまでフランスをひたすら南下してきたパリ−ニースも中盤を迎え、いよいよ起伏に富んだコースになっていく。
今日のステージは中盤に2級山岳2つと3級山岳1つ、そしてゴール前のロデーズでは3級山岳2つ、特にゴール手前2kmのボーラン峠は短いながらも平均斜度7.9%の峠だ。
ゴールはおそらく登りもこなせるアタッカーたちの争いに、そしてひょっとして総合争いにも影響のあるような動きもあるかもしれない…

続きを読む
posted by ばりさく at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車ロードレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。